特集☆ハンガーラック購入おすすめサイト

TOP > ハンガーラックについて > ハンガーラックは用途だけでなくデザインも大切です

ハンガーラックは用途だけでなくデザインも大切です

 ハンガーラックは使い勝手が良く、忙しい人でもすぐに洋服を収納することができます。
しかし、いろいろなタイプがあり、大きさや形などから自分の用途に応じて選びます。
まずは、素材の部分ではアルミ製や木製が一般的です。
その中で、アルミ製は軽く価格も安いため気軽に使いたいという人に適しています。
価格としては1000円前後で販売されていて、ハンバーを掛ける部分の高さや幅を調整できるタイプもあります。
それに加えて、分解もしやすいため持ち運びもしやすいというメリットもあります。
そして、木製タイプは自然の素材のためナチュラルな感じを出すことができます。
ちなみに、スチール製と比べて幅を変えることはできませんが、高さは変えられるものが多いです。
そして、色もブラウンやナチュラルなどが販売されています。

 次に自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。
先ほどもあったようにスチール製は高さや伸縮できるタイプが多く、必要に応じて変えることができます。
そして、ポールも一本タイプから二本タイプなどがあり、より多くの洋服を掛けることができます。
それだけでなく、お店のように斜めに掛けられるタイプもあり、省スペースでもきれいに収納できます。
ちなみに、押し入れに入れて使うタイプもあり、収納場所を有効活用することができます。
そして、木製タイプはハンガーを掛けられる部分だけでなく棚もついているものがあり、帽子や小物なども収納することができます。
特に、女性の場合はバックなども置けるため、洋服のコーディネートをしながら選べるメリットもあります。
最近は、キャスター付きも多く移動も楽になっています。

 そして、実際に購入するにあたってサイズもいろいろとあり、設置する場所に応じてサイズを判断することが大切です。
スチール製の場合は伸縮するタイプもあるため一概には言えませんが、大体90センチ幅も物が多いです。
洋服全てを収納するという使い方ではなく、翌日に来ていく服や頻繁に着る服を掛けるという用途の人が多いです。
その点、二段になっているタイプや幅が120センチなど大きいタイプは多く掛けられるメリットがあります。
ちなみに、木製の場合はデザイン性もあり、部屋の雰囲気に馴染ませることができます。
そして、軽量でありながら質感が高く高級感も出ます。
できれば実際に見て決めることが大切ですが、通販でも形や色やサイズを確認できます。
しかも、写真によってイメージ膨らみやすいため参考にして購入すると失敗がありません。

次の記事へ

先頭に戻る