特集☆ハンガーラック購入おすすめサイト

TOP > ハンガーラックについて > どれくらい収納するかでハンガーラックの大きさを決めよう

どれくらい収納するかでハンガーラックの大きさを決めよう

 最近では洋服を片付けるのに洋服ダンスに入れず、ハンガーラックと呼ばれる収納スペースに掛けるだけという人が増えてきています。
ハンガ―ラックのメリットは、洋服を畳まずにハンガーに吊り下げて収納できることで、これによって折りたたみじわができずに済み、アイロンがけの手間を省くことができるところです。
それを言うなら洋服ダンスに片付ける方法も同じなのですが、ハンガーラックの場合、洋服ダンスのようにがっちりと覆われた家具ではないので、風通しがよく、服を湿気から守るのに向いています。
さらに、どのくらいの洋服を収納したいかによっては、幅を変えることができるタイプもあります。
もしかしたら、この先もっと増えるかもしれないという人は、伸縮させてスペースを広げられるタイプを選んでおけば、新たに買い増す必要がありません。

 洋服ダンスに洋服を片付けるという方法は、見えないようにするという意図も大きいといえます。
あるいは、ちゃんと収納するというきちんと感を大事にする人もいるでしょう。
その点、小さなハンガーラックであれば最低限必要な洋服だけをそこに掛け、洋服はそれ以上増やさないという強い意志が求められます。
これは、必要最低限の持ち物で暮らしていこうとするミニマリストになるにはよい方法で、最初からこれだけのスペースと決めてハンガーラックを購入することで、どうしてもそれ以上掛けたい時には何かを処分するか、増やすのをあきらめるかの二者択一に迫られます。
新しいものを買ったら古い物を一つ処分することで持ち物の数は変わりませんし、処分対象になる物がないとなれば、買うのをあきらめるという選択肢になります。

 ハンガーラックを大きなものにして、クローゼットのように組み立てて使えるタイプもあります。
場所は取りますが、今まで洋服ダンスをいくつか並べて使っていたという人なら、伸縮式でラック部分を伸ばすことができ、さらには埃が入りにくいようにカーテンで閉められるようになっているハンガーラックは、意外と使い勝手がいいと感じられそうです。
ラック部分に洋服をハンガーで掛けて使うだけでなく、組み立てたハンガーラックの上部分が収納スペースにもなりますので、たくさんの品物を置くことができます。
洋服を掛けた場合も、コートやスーツをまとめた部分の下は低めの収納ボックスを、ブラウスやセーターをまとめた部分の下は比較的広く開くため、引き出し式収納ボックスを置いて肌着や小物を入れておけます。
小さめハンガーラックでは到底片付けるのは不可能という人は、設置場所は大きくとっても、まとめられて片付けられるハンガーラックがおススメです。

次の記事へ

先頭に戻る