ペーパーなドライバーの危険性を説明

ペーパードライバーでも運転しなければならないときがあります。旅先や引越でレンタカーを借りる場合などです。普段運転していない人が安全確認などの際に見落としてしまいがちな点、道中見かける車を見て、この人はペーパードライバーだなと見分ける方法などについて話をしてみたいと思います。不慣れなことをするわけですから衝突などのリスクがあり、かつ一般ドライバーや歩行者がそれに巻き込まれることがあるので、できるだけ回避するようにしなければなりません。高齢者がアクセル・ブレーキを踏み間違えてしまい、お店に突っ込んでしまうなど悲しいニュースは毎日のように報じられています。ニュースで報じられることは少ないかもしれませんが、発生リスクの高い状態だといえます。

ペーパードライバーはこういう点を見落としやすい

慎重な運転を心がける人が大半ですが、安全確認は不十分なことが多いです。左折の際はウィンカーを先に出して減速しつつ目視で真横にバイクがいないか確認するのが本来のやり方ですが、そこまで全てできることは稀で、目視という言葉を忘れているのではないでしょうか。車幅感覚をつかんで運転するのは極めて難しいので、狭い道をすれ違ったり、車庫入れの際に駐車券を取るべく寄せて止めることは困難でしょう。駐車券の場合は無理せず真ん中に停めて車から下りて受け取ったり料金を支払ったり、となります。一定の速度で走れません。アクセルを踏み過ぎてスピードが出過ぎたので減速、上り坂や下り坂で重力のままスピードが出過ぎたり極端に下がったりしてもすぐに気が付かないことがあります。特に下りでスピードが出過ぎないよう、エンジンブレーキを併用するのですが、そこまでは気が回らないでしょう。

こういう運転をしている人は怪しいと判断しましょう

不慣れなことをするわけなので、道中無茶なスピードは出しません。その代わりにブレーキをすぐ踏む傾向にあり、こういう車が前にいるとギクシャクするためにイライラすることでしょう。狭い道からの合流といった、一瞬の判断で行動することは極めて難しいので、安全だと思えないと行動には移せません。よって合流がなかなか進まないこともあります。ミラーを見ての確認までは気が回らず、前ばかり見ている傾向にあります。横に止まった車で運転者がカチンコチンに緊張している場合は要注意です。車庫入れは一番苦手ジャンルではないでしょうか。混んでいる車庫でない限りは入口から遠くても車が少ない場所を選ぶはずですが。最近はカメラが付いている車が増えているとはいえ、ハンドルをどっちに切ったらいいかわからなくなってしまうケースが多いと思われますね。