ペーパーなドライバーではなくなる為に必要な事や大事なポイント

主に自動車の運転が苦手な人のことを「ペーパードライバー」などと呼びます。ただ単に運転技術が乏しい人を指している言葉ではなく、運転免許を取得してからしばらく実経験がないまま過ごしている人を指す表現としても使います。すでに運転免許を取得している訳なので、運転技術の高低に関係なく公道を走行することは可能です。誰に何を言われるでもなく、堂々と公道を走行することができますが、こと「安全性」に限定して比較した場合には、毎日のように運転している人と比べると明らかに低くなってしまいます。そこで、「どうすればその状態を解消できるのか」ということに関して、基本的な部分だけでなく応用できる部分までを紹介します。それぞれが自身に合った方法を選択し、安全安心なカーライフを送りましょう。

運転技術を磨くために必要なこと

ペーパードライバーが問題視される要因は、「通常と違った運転をすること」です。例えば、速度に対する抵抗が極端に強くあることによって、走行車線の流れに乗れないといった状態が起こりやすくなります。また、日常的に判断を迫られる瞬間がない為、瞬間的に判断しなければいけないこと(交差点の順番など)に対して、周囲にストレスを感じさせてしまう可能性が高くなります。もし、この辺りの感覚が運転熟練者と同程度の場合、ずっと経験をしないままで生活していたとしてもペーパードライバーなどとは呼ばれないことが大半です。要するに、期間的な状態を指すわけではなく技術面などの部分を評価する呼び方であることが多いということです。よって、単純に「運転技術を向上させるための訓練をする」というのが、最短の脱出法です。

基本的な感覚を向上させる訓練をする

通常、人が歩行している状態で体の周囲にあるものを無意識によけることができます。目の前に電柱があれば横を通り抜け、上から木が垂れていれば頭の位置を調整して歩くことができます。もちろん、本質的には意識を持つことで体をコントロールしている訳ですが、とは言っていちいち「このくらいの位置かな」などと考えることはまずありません。ペーパードライバーに対する恐怖心とは、「ぶつかるのではないか」といったことに起因しています。つまり、こういった感覚を周囲に与えることがなくなれば、解消されたということができます。歩行している状態ならば何ら問題がないということは、その感覚を車に乗ったままでできるようになれば良いということです。いわゆる、「車両感覚」「車幅感覚」といったものを養う為に、実際に走ることなく車の運転席に座るだけでも効果が期待できます。